NYAA LAB

いろいろやって、いろいろ書いて見ようと思います

最近の自作PCのトレンドとゲーミングモデルの不安

近況

こんにちは

最近、今使っている稼働5年強ぐらいの自作PCを新調したくて価格comのPCカテゴリを周回しているにゃーさんです。

今使っているPCが2011年頃のAMDの初代APUA8-3870Kです。メモリ8GB、SSD64GBとHDD2TBの構成です。

私の場合自作する周期が長めなので、頻繁には作らないのですが、パーツのトレンドはいつも追いかけている感じです。(ガジェット、自作ファンなので)

ここ数年でプロゲーマーやYouTuberの華々しい活躍とゲームをPCでプレイするのが流行ってきてますね。

私もゲームをするのが好き(特に友人と一緒にプレーするのが最高)で、次に自作するならGTX1080レベルのものを載せたいと思っています。

また、訳あってOculus Rift DK2を触れる環境(他人の)があって、Unity使ってVRの世界を作って楽しんでます。すごく楽しいです。

なので一緒にOculusの製品版を一緒に買いたいなーと思っています。

 

 本題

最近デスクトップPCはゲーミングモデルが人気ですね!

ゲーミングキーボード、ゲーミングマウス等々、PC関連のショップでゲーミングの文字を見ない場所はないでしょう?

ゲーミングモデルのPCはデザイン性と性能重視の初見ホイホイともあって、ゲーミングPCを買うゲーマーも増えてますね。PC界隈は最近人口が減りつつあったので、人が増えることはいいことだと思います。

自作界隈でもゲーミングモデルが多く登場しています。パーツは光ったり、PCケースは強化ガラスで中が見えたりという具合です。

 海外のYouTuberを見ると、見た目がとても綺麗な自作機を作っていて、世界中のジサカーやゲーマーに影響を与えていると思われます。

最新のハイエンドCPUに簡易水冷CPUクーラー、ハイエンドGPUマザーボードのイルミネーション。全てのイルミネーションを同期させる機能についてもマザーボード各社が力を入れています。

最近出たAMDRYZENのCPUは対Intelでコストパフォーマンス抜群です。特にRyzen 7 1700(¥37000)はオーバークロックして使うと最上位モデルのRyzen 7 1800X(¥55000)を越えることができるということで一番の人気を持っています。

またつい最近、AMDにしびれを切らしたIntelがついにCore i9を出しました!

ゲーミングPCはこれからも盛り上がっていきそうです。

 

さて、

ここまできて不安があります。熱と製品寿命の短縮です。

最近のマザーボードは光ることとデザインを重視した結果、そっちに割くリソースと予算が増えたようで、パーツの品質が不安です。特にVRM周りとヒートシンクです。

ハイエンドモデルのマザーボードの場合、CPUをオーバークロックして使うユーザーのため、VRMフェーズが十数フェーズのものが多くあったと記憶しています。VRMの上にはヒートシンクとそれを繋ぐヒートパイプがあり、冷却力と耐久性はなかなかのものでした。

ところが最近のゲーミングモデルのマザーボードVRMの規模が縮小しつつあると感じられます。ゲームなどの高負荷状態が長時間続く一方で、冷却力に心配があります。

いくつかのレビューサイトのサーモグラフィー画像を見ると、この問題は明らかです。CPUは冷却できていますが、VRMの温度がかなり高い状態になっています。CPUはなかなか壊れませんが、マザーボードは壊れやすくなりそうです。

パーツの配列が綺麗に見える簡易水冷CPUクーラーを使った場合やRyzen 7のようにオーバークロックする使い方をすると、VRM温度はさらに上昇することが容易に想像できます。

 

ゲーミング仕様で自作する際にはフェーズ数や冷却力を十分に注意しながら、パーツ選びしないといけないなーと思ったので、紹介させていただきました。

(※引用や根拠のサイトを示せてなくすいません。時間の関係で省かせていただきました)